アグリテック甲子園2021

テーマ&審査

THEME

テーマ

” 10年後の農業に

イノベーションをもたらすアイデア ”

2030年までに世界人口は85億人に達すると予測され、食料需給バランスの変動により、現在のような食の多様性が失われかねない状況です。また、地球温暖化・生物多様性の減少など、地球環境問題は年々深刻化しています。
これらの課題に対応するために、世界で進められているのが農業DXです。
日本国内でも、テクノロジーの進化や法改正等により、大規模農園等のスマート化や農業の6次産業化など、多様な農業経営が広がり始めています。
固定概念を持たず自由な発想で、10年後の農業にイノベーションをもたらすアイデアを求めます。

課題起点コース

農業における課題から、アイデアを提案するコース。
また、その課題に対してテクノロジーを用いた解決策を求める。

ソリューション起点コース

農業ロボット(farmbot)などのハードウェアをベースにアイデアを提案するコース。そのソリューションを基に、農業における課題を解決する。

※応募時にどちらかのコースを選択いただきます
・どちらかのコースを必ず選択
・どちらを選択した場合でも、アグリテック甲子園2021での審査への優劣はありません
・やむを得ず途中でのコース変更を希望する場合は、事務局に問い合わせください

EXAMINATION CRITERIA

審査基準

以下の基準で審査を行い、「アグリテック甲子園2022」に賛同いただいている企業による企業賞と最優秀賞を決定します。
受賞チームには副賞も準備していますので、是非あなたのアイデアを磨いて受賞を目指してみてください。

01

ビジョン

”どんな世界観を目指しているか”

-自分達が何のためにこの事業をするのか

-この事業に対する熱量はあるか

02

ビジネス

”課題解決できるビジネスプランか”

-課題を抱えている顧客(人/企業)を特定できているか

-農業における課題に対して、革新的な解決策になっているか

03

実現性

”実現性のあるビジネスプランか”

-このメンバーだからこそ成し遂げられる事業であるか

-関係者などへのヒアリングを通じて、実現性のあるアイデアか

JUDGE INTRODUCTION

審査員紹介

審査員長

中塚 雅也

神戸大学大学院

農学研究科 食料環境経済学講座 農業農村経営学教育研究分野 教授

審査副員長

郭 威

東京大学大学院

農学生命科学研究科 特任准教授

審査員

佐橋 宏隆

ソフトバンク株式会社

コーポレート統括 インキュベーション事業統括部 統括部長

SBイノベンチャー株式会社

取締役

STATION Ai株式会社

代表取締役社長 兼 CEO

石井 佑基

野村アグリプランニング&アドバイザリー株式会社

調査部 上級研究員

小林 篤史

カルビー株式会社

セールス&マーケティングカンパニー
東日本営業本部 首都圏第二支店 営業3課

柿本 英夫

姫路市

農政総務課長

contact us お問い合わせ

- 姫路市のお問い合わせフォームにリンクします -